シリーズI 比較筆跡判定

[文字形態のいろいろ]



 私達が日常執筆活動に際して使用する文字形態について、特に漢字の場合、それが如何様な形態で完成されているか等の事柄については比較筆跡鑑定に際しての判定結果の抽出のために極めて重要なポイントになります。
 文字形態の種類にはいろいろな分類の仕方があり、例えば、丸型、三角型、四角型等による分類の方法もそのひとつであります。さらに具体的に細分化します下記のように12通りの基本形態に大別することが出来ます。下の表は文字の基本形態のシルエットと具体的な漢字の事例を示したものです。



(表1) 基本形態のシルエットと具体的な文字形態の事例

丸型垂平型 丸型右肩上型 丸型右肩下型
四角垂平型 四角右肩上型 四角右肩下型
縦長垂平型 縦長右肩上型 縦長右肩下型
横長垂平型 横長右肩上型 横長右肩下型



日本文化科学振興会
「 比較筆跡鑑定研究所 」


〒212-0016 川崎市幸区南幸町2丁目20番地 
TEL  044-544-4450  FAX  044-555-6958
e-mail : hkantei@nbks.jp


サイト内に掲載されている全ての記事・写真などの無断転載を禁止致します。