筆跡鑑定・筆跡異同診断・比較筆跡鑑定士養成

比較筆跡鑑定研究所

〜 推測を確定に・不安を安心に 〜




只今鑑定料半額キャンペーン中です!




鑑定書参考画像
代表筆跡鑑定人 天野瑞明





筆跡鑑定 」について
 

鑑定資料と対照資料内にある筆跡について、
 
 
・ 文字の形態
 ・ 筆の入り方、運び方、収め方
 ・ 筆圧の強弱
 ・ 文字の接画交差の状態
 ・ 漢字の”旁(つくり)”と”扁(へん)”のバランス


などのような、諸要素を比較分析し、それぞれの資料についての異同の状況を
客観的な立場に立ち、
問題の筆跡が”同一人か別人か否か”を判断致します。



筆跡鑑定はどのような場面で必要なのか?



* 一般の方の場合 *
  ・ 遺言書、養子縁組届、相続にかかわる書類の筆跡
  ・ ストーカーの被害
  ・ 借用書関連の書類、購入時の契約書等の筆跡
  ・ 誹謗中傷文書の筆跡


* 企業の方の場合 *
  ・ 契約書類の筆跡
  ・ 領収書や会計伝票などの筆跡
  ・ 社外秘書類の漏洩時の筆跡
  ・ 社内での誹謗中傷文書の筆跡


 企業において、取引にまつわる様々なトラブルに対抗する手段のひとつとして 筆跡鑑定のニーズは高まっています。また、個人間・プライベートでも筆跡鑑定は 大いに役立ちます。
自分を自分で守る手段として 筆跡鑑定をご活用ください。



 ■ 筆跡鑑定書・筆跡異同診断票は当会で作成しております。鑑定・診断事項
   についてのご質問もお気軽にご相談ください。
 ■ 当会へ資料を直接お持ちになられる場合はご一報下さい。資料のお受取の
   際に鑑定人と複雑な資料の方向性などの相談も可能ですので、安心してご
   依頼頂けます。



 相談無料です。一度、お気軽に御相談ください。

!! 問題解決に協力致します !!



日本文化科学振興会
「 比較筆跡鑑定研究所 」


■本 部

〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2丁目20番地 
TEL  044-544-4450  FAX  044-555-6958
e-mail : hkantei@nbks.jp



サイト内に掲載されている全ての記事・写真などの無断転載を禁止致します。

Copyright (C)Nihonbunkakagakushinkoukai. All rights reserved.
Foundation 1981 N.B.K.S JP